芦田愛菜のお母さんはどんな人?育て方や幼児教育法がすごい!?

スポンサードリンク

子役として大活躍している芦田愛菜さん。

3歳で芸能界デビューし、2010年に放送されたドラマ「Mother」の演技が話題になりました。

天才子役、と呼ばれた芦田愛菜さんのお母さんも気になりますね。

今回は、芦田愛菜のお母さんはどんな人?育て方や幼児教育法がすごい!?について紹介させていただきます。

スポンサードリンク

芦田愛菜のお母さんはどんな人?

引用:https://www.cinematoday.jp/

天才子役として注目された芦田愛菜さん。

演技力も素晴らしかったですが、超難関の慶応義塾中等部へ入学し、話題になりましたね。

演技力だけでなく、頭脳明晰な芦田愛菜さんを育てたお母さんはどんな方なのでしょうか。

調べてみたところ、芦田愛菜さんのお母さんは専業主婦のようです。

芦田愛菜のお父さんは三井住友銀行の支店長

芦田愛菜さんのお父さんは、三井住友銀行の支店長だということです。

現在は都内で勤務している様子。

芦田愛菜さんは兵庫県西宮市出身。小学校に入学するタイミングで、家族で上京しているということです。

お父さんは、三井住友銀行へ入行後、関西で勤務し、その後都内勤務になったのかもしれませんね。

支店長を務めているということで、かなりのエリートだと思われます。

仕事柄、お父さんの転勤もあり、お母さんは専業主婦としてしっかりと家庭を守っていたのでしょうね。

あまりお母さんの話は出てきませんが、子役で活躍し、多忙を極めていた芦田愛菜さんをサポートし、中学受験の際も応援していたのではないでしょうか。

芦田愛菜の赤ちゃんの頃がかわいすぎ!妹がすいちゃんの真相も調査!
スポンサードリンク

芦田愛菜のお母さんの育て方や幼児教育法は?

引用:https://entertainment-topics.jp/1753

天才子役として大人気の芦田愛菜さん。

素晴らしい演技力で大注目されました。

トーク番組に出演した際も、大人のような対応やコメント力も話題に。

演技力だけでなく、賢さも注目されていました。

そんな芦田愛菜さんを育てたお母さんはどんな育て方をしたのでしょうか?

教育法は読書?

芦田愛菜さんは、以前出演した番組で、「活字病」であると明かしています。

文字を読むことが好きで、調味料の裏の文字まで読むこともあるんだとか。

小学校低学年で年間300冊読んでいたということです。多い時で月60冊読んだことも。

芦田愛菜さんは、雑誌のインタビューに対し、

小さい頃から両親がたくさん本を選んできてくれたので、読書はすごく身近な存在でした。歯みがきとか、お風呂とかと同じような感じ

と語っています。

芦田家の知人の方曰く、お母さんはステージママではなかったということです。

子役としての活動は、本人がやりたいから、と芦田愛菜さんの意思を尊重していたお母さん。

父親が読書家で、幼い頃から愛菜ちゃんに本を与えていました。彼女が何かに興味を持ったら、答えやヒントになるような本を選んで、“この本を読んでごらん”と手渡したそうです。

芦田愛菜さんのご両親の教育方針は読書だったようです。

お母さんは、幼い愛菜さんにたくさんの絵本を読み聞かせし、いろんなことに興味を持つよう育てたのかもしれませんね。

小学校高学年になると、自分で図書館へ行き、本を借りていたということです。

5歳の時出演したドラマ「Mother」以降、ひっぱりだこだった芦田愛菜さん。

台詞を覚えたり、とてもハードな日常だったと思いますが、たくさんの本を読んできたんですね。

4歳の時点でひらがなは全て読めていたということです。

芦田さんの幼児教育の秘訣は読書だったと思われます。

演技に関しては天才的だと思いますが、知識好奇心が旺盛で、頭も良い芦田愛菜さん。

お母さんやお父さんが読書の楽しさを教え、読書を楽しみ、勉強も努力してきたのだと思います。

素晴らしい育て方ですね。

芦田愛菜は永野芽郁に似てる?黒木華や清原果耶にも似てると話題に!?
スポンサードリンク

芦田愛菜のお母さんはどんな人?育て方や幼児教育法がすごい!?まとめ

引用:https://maidigitv.jp/movie/rKzFHiG6DjY.html

天才子役と呼ばれ、大活躍している芦田愛菜さん。

3歳で芸能界デビューし、2010年に放送されたドラマ「Mother」で大注目されました。

トーク番組での対応も、かわいらしい姿だけでなく、コメントや対応が落ち着いていると話題に。

演技力もあり、頭の回転も速い芦田愛菜さんを育てたお母さんも気になりますね。

お母さんは専業主婦のようです。お父さんは三井住友銀行の支店長だということです。

調べてみると、お母さんの育て方や幼児教育の秘訣は「読書」だったようです。

4歳でひらがなは全て読めていたという芦田さん。

小学校低学年で年間300冊読んでいたといことです。

幼少時、お母さんが読み聞かせし、興味を持った本を与えていたんでしょうね。

現在も芸能界で活躍している芦田愛菜さん。

読書家に成長したのはご両親の教育の賜物かもしれませんね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

アイキャッチ画像の引用:https://www.cinematoday.jp/

スポンサードリンク