ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話ベスト3!

スポンサードリンク

いやー始まりましたね。

ゲゲゲの鬼太郎の6期シリーズ!

毎週日曜日が楽しみですねー♫

ゲゲゲの鬼太郎の前に放送されていた、ドラゴンボールも面白かったですが、これから夏にむけてゲゲゲの鬼太郎から目が離せませんね。

えっ?なぜかって?

みなさん、ゲゲゲの鬼太郎は妖怪退治をするアニメ、というイメージを持たれているかもしれません。

でもね…みなさん…鬼太郎は元々墓場から誕生したという事はご存知でしょうか?

墓場って聞くだけで、何か怖いイメージですよね…。

ほら…あなたの後ろにも…

キャーーー!!!

あっ怖がらせてしまってごめんなさい!(笑)

って、こんな事で怖がる訳ないですよね( ̄▽ ̄)

という事で、今回は私が選ぶ「ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話ベスト3!」について、そのあらすじも交えてをお話したいと思います。

是非ご覧下さい♪

『 ゲゲゲの鬼太郎』鬼太郎の片目の秘密をご存知ですか? 【ゲゲゲの鬼太郎】声優産休による代役の話は一体どこへ? 【ゲゲゲの鬼太郎】猫娘が再び消滅してしまう可能性は?
スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話第3位『第20話 闇からの声 幽霊スポット』

引用:水木プロ・東映アニメーション

廃病院に入った子供達が記念撮影をしようとすると、うわんと黒い煙が出てきて子供達が逃げる。

「怪奇!幽霊スポット」という本に書かれた場所には、本当に幽霊が出ると有名になる。

ただ、ライターの蛭間は幽霊やお化けを信じていない。

本の存在を知っていたネコ娘。

幽霊スポット巡りで一儲けしようと企むねずみ男。

廃マンションの下見に来ていたねずみ男は、うわんの声を聞き、廃マンションから落とされて怪我をする。

鬼太郎に本の事を話していたネコ娘。

引用:水木プロ・東映アニメーション

お化けにあった人は皆、うわんの声を聞いている事が判明する。

うわんはイタズラ好きで人を驚かす事が好きな妖怪

人間に姿を見られたら、永遠の闇に封印されてしまう宿命である。

ねずみ男いわく、うわんは自分を襲った凶悪な妖怪と語る。

廃マンションに訪れた鬼太郎は、邪悪な念を感じる。

引用:水木プロ・東映アニメーション

蛭間はライター仲間から、妖怪についていい加減な記事を書かないよう忠告されており、そのライター仲間は昔、妖怪に襲われた過去がある。

自分が紹介した幽霊スポットへ訪れた人達が、次々と事故にあっていると知った蛭間。

気になった蛭間は次に本で紹介される幽霊スポットに向かう。

そしてその蛭間のあとを追う鬼太郎。

そこで鬼太郎は、先に幽霊スポットに向かっていた子供達が何者かに襲われている現場に出くわす。

引用:水木プロ・東映アニメーション

黒い煙の正体は黒坊主という妖怪。

うわんは人間が黒坊主に襲われまいと、うわんと声を発して、警告していただけだった。

子供達を助ける為、体力を使い果たしてしまった鬼太郎。

そこへ鬼太郎を助けようと、人間達の前にうわんは姿を現す。

うわんは黒坊主を道連れに、永遠の闇へと封印されてしまった。

うわんは自らを犠牲にして、人間達を救ってくれた。

というお話し…。

うわん、ええ奴やん!って思ったでしょ?

そうなんです!うわん、ええ奴なんです(涙)

この物語は、途中までこわ~い感じで進んでいき、最後にジーンと胸が熱くなる物語でしたね。

以上、ゲゲゲの鬼太郎 5期の怖い話 第3位でした!

ゲゲゲの鬼太郎第6期、猫娘の現在と歴代を徹底比較!
スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話第2位『第5話 呪われた映画』

引用:水木プロ・東映アニメーション

20年に1度、落ち武者の亡霊が若い娘をさらっていくという映画「クメール遺跡の亡霊」を撮影している。

映画は20年前にも製作され、今回が3度目のリメイク

20年前、映画の撮影途中に妖怪が人間を食べるという事件があった。

その事件の概要を知る男が、撮影の新人スタッフ小林に、撮影の中止を促す。

その男は、当時のカメラマン木村で、撮影スタッフの助手2人が行方不明になった犯人として扱われていた。

引用:水木プロ・東映アニメーション

撮影所でアルバイトをしていたねずみ男だが、撮影セットで女性の妖怪と出くわし、セットを壊してしまう。

セットを壊した犯人として、ねずみ男は警察に連れていかれてしまった。

セット修復の間、別の撮影をしようと監督に進言する小林、その小林をいまいましく思う、先輩の大久保と千絵。

鬼太郎は、同じくアルバイトをしていたネコ娘から、映画の題名を聞いて20年前に警告をした男の事を思い出す。

引用:水木プロ・東映アニメーション

鬼太郎はネコ娘に、撮影現場は沼御前という妖怪が住んでいた沼で、失った妻を探し続ける落ち武者という映画の内容が、夫を失った沼御前の身の上と重なり怨念を目覚めさしたと話す。

木村は20年前に鬼太郎に助けられた過去があり、警告を受けて撮影を中止しようとしたが中止できなかった過去がある。

千絵から、大久保が消えたと嘘の情報を流され、小林と木村はスタジオに閉じ込められてしまう。

引用:水木プロ・東映アニメーション

そこに沼御前が現れ、小林と木村に襲いかかるが、絶対絶命の場面で鬼太郎が助けにくる。

沼御前に呑まれる寸前だった鬼太郎だが、体内電気で内側から攻撃し、チャンチャンコで沼御前を縛りつけて、なんとか退治に成功。

鬼太郎、小林、木村は、証拠のビデオを映画会社の重役に見せて中止を促したが、特撮映像と思われ信用してもらえなかった。

その結果、小林は会社をクビになる。

小林の撮影したビデオを、大久保と千絵はスタジオで鑑賞していたが、そこには捕らえていたはずの沼御前が映っていなかった。

すると、どこからともなく大久保の耳に沼御前の声が聞こえてくるのであった…

キャーー!!

いやー怖いですね!最後が特に怖いですね!

私も記事を書きながら、背筋がゾクっとなっちゃいました(笑)

以上、ゲゲゲの鬼太郎 5期の怖い話 第2位でした!

さぁいよいよ次は、気になる第1位の発表です!

ゲゲゲの鬼太郎6期「名無し」の名前は一体何!?
スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話第1位『第9話 ゆうれい電車あの世行き』

引用:水木プロ・東映アニメーション

ネコ娘が働いているラーメン屋に吉永という客がきた。

他の客が幽霊を信じるかどうか、という話をしているのを聞いて、幽霊などいないと後輩の木下の制止を振り払って他の客に因縁をつける。

それを止めるネコ娘をはねのけ、「あなたはひどい人だ」と言った鬼太郎を殴りつけた。

木下と共に店を出ようとした吉永に、鬼太郎は「お化けは存在して、すでに目の前にいるかもしれない」と忠告する。

悔しくて追いかけようとするネコ娘に、鬼太郎は「彼はこのままではすまない」と言って引き止める。

出典:(C)水木プロ・東映アニメーション

駅に向かう吉永と木下だったが、終電はもう終わっていた。

しかし、今夜は特別に奥多摩霊園行きの臨時列車が出るという駅員の言葉で4番ホームに向かう。

ホームに並んでいる人は多いが、陰気で不気味な感じだった。

真っ黒に塗られた旧式の電車に乗り込む二人を、駅員の格好をした鬼太郎が見送っていた。

なかなか駅に着かないので、トイレに行った吉永は、加牟波理入道(がんばりにゅうどう)に遭遇する。

酒の飲みすぎで幻覚を見たのだと思い込むが、今度はいつの間にか向かいの席に座っていたろくろ首にからまれてしまう。

引用:水木プロ・東映アニメーション

気がつくと吉永はラーメン屋にいた。だが木下がいない。

木下を探し店の外へ出るが、突然あらわれた棺桶に入れられてしまい犯した罪を償えと責められる。

はっと目が覚めると、そこは電車の中だった。

臨終骨壷という聞いた事もないような不気味な駅名や、地獄のような外の景色を不審に思う吉永は、木下に怖がっている事を指摘され激怒している。

そこへ骸骨となった乗客が迫ってくる。

吉永は運転席に行って電車を止めさせようとするが、そこには天井下がりなどの妖怪が待ち受けていた。

逃げようとして、開いたドアから落ちかける吉永の手を木下がつかむ。

引用:水木プロ・東映アニメーション

だが、木下は見る見るうちに骸骨となり、掴んでいた手も朽ちて、吉永は奈落の底へ落ちていった・・・

翌朝、奥多摩霊園駅のホームに倒れている吉永の姿があった。

駅員に臨時列車の話をするが、そんな電車は出ていないと言われ信じてもらえない。

木下が一緒にいたはずだと主張するが、駅員は他には誰もいなかったと答える。

しかし、吉永は木下はあそこにいるといって、崖の方を指差した。

実は吉永は、一年前にお化けがいるいないで木下と口論となり、木下を崖の下へ突き落としていたのだ

そして幽霊となった木下と今まで一緒に過ごしていたのである・・・。

・・・いやー・・・怖いですね・・・。

あまりゲゲゲの鬼太郎では、妖怪の話はあっても、こういった幽霊の話などは出てこないので、私は新鮮でした。

しかし、お化けが出る出ないで崖の下へ突き落としてしまうという吉永の気の短さは衝撃的ですね(笑)

でも現実の世界でも、些細な口論から殺人まで発展するというニュースも見たりするので、あながちこの描写は間違いではないのかもしれません。

他の視聴者の方の意見では、今回の「ゆうれい電車」はゲゲゲの鬼太郎では4度目のアニメ化で、原作寄りで徹底的に暗さと怖さを描いた4期と比較したら、怖さは劣るものの過去の作品とは違うアレンジになっていて驚いた。との意見もありました。

→第6期シリーズでも放送されました!幽霊電車!

ゲゲゲの鬼太郎6期第7話の感想「幽霊電車」

過去の作品は、「妖怪を馬鹿にする人間にお仕置き」というテーマだったが、今回の作品は「吉永の過去の罪を暴く」というテーマに変わっています。

ただ、「ゆうれい電車」の肝となる怖さについて、描写自体はなかなかよかったが、いちいち妖怪の名前がテロップで出てくるのが、見ていて醒めてしまったとの意見もありましたね。

以上、ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話 第1位でした!

ゲゲゲの鬼太郎6期最終回はいつ?放送回数は? ゲゲゲの鬼太郎6期、地獄の四将の能力とは!?
スポンサードリンク

ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話ベスト3!まとめ

引用:水木プロ・東映アニメーション

いかがでしたか?

今回私が選ぶ、「ゲゲゲの鬼太郎5期の怖い話ベスト3!についてお話させて頂きました。

ベスト3作品のいずれも、人間の欲望や憎しみの感情などがきっかけで起こった話となっており、現代社会においても色々と考えさせられる物語でした。

ゲゲゲの鬼太郎 5期の怖い話は以上になります。

毎日暑い日が続きますが、こんな暑い日はこわ~い話しで涼んじゃいましょう(笑)

6期シリーズでは、どんな怖い話が見れるのか楽しみでなりませんね。

最後までお読み頂き有難うございました。

ゲゲゲの鬼太郎のお母さんはどんな人!? 【ゲゲゲの鬼太郎】私の神回ベスト3!~その1~

アイキャッチ画像の引用:東映アニメーション

スポンサードリンク