髭男爵山田ルイ53世の学歴がすごい!ヒキコモリからの…!

スポンサードリンク

燕尾服にシルクハット、という近世ヨーロッパ貴族のような衣装に身を包み、ワイングラスを掲げ、「ルネッサ~ンス!」と、挨拶を交わす芸風が印象的な漫才コンビ「髭男爵」

一発屋芸人としても有名ですね(笑)

燕尾服にシルクハットを着用している、髭男爵の山田ルイ53世さんの学歴が注目されています。

という事で今回は、「髭男爵山田ルイ53世の学歴がすごい!ヒキコモリからの…!」について紹介させていただきます。

是非ご覧下さい♪

髭男爵山田ルイ53世の学歴は?プロフィールをチェック!

引用:https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/12/yamada-louis-the-53rd_a_23480349/

髭男爵の山田ルイ53世さんは、1975年4月10日生まれ。

本名は山田順三さん。

兵庫県三木市出身です。

小学校を卒業後、六甲中学校へ進学。

しかし、中学2年生の夏からひきこもりになり、退学しています。

ひきこもり生活を20歳まで続け、その後、大学入試資格検定を経て、愛媛大学法文学部の夜間コースに進学しています。

大学2年で中退し、上京。

東京NSC3期生となり、芸人の道へ進みました。

スポンサードリンク

髭男爵山田ルイ53世の学歴がすごい!超難関中学へ合格!しかし…?

引用:https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/12/yamada-louis-the-53rd_a_23480349/

髭男爵山田ルイ53世さんは、小学校6年生の夏、塾に入り、中学受験を決意します。

兵庫県にある有名な男子校、私立六甲中学に合格しました。

六甲中学は偏差値73!

中学受験をする方は、早い子は小1や小3から受験準備を始めると言われています。

髭男爵山田ルイ53世さんが受験した六甲中学のように、かなり高い偏差値の学校の場合、早い時期から受験準備を開始している方が多いのではないでしょうか?

小6の夏から塾に通い合格、というのはかなり賢い方でないと難しいと思われます。

小学生時代から成績が良く、友達と子どもらしく遊び、いたずらしたり、ということもあったようです。

勉強漬けの生活ではなく、子どもらしい生活を送っていた様子。

髭男爵山田ルイ53世さんは、有名な進学校六甲中学へ入学し、片道2時間かけて通学していました。

ところが、中学2年の夏からひきこもりになってしまいます。

14歳から20歳まで、ひきこもり生活を送っていたんですね。

その後、中学は中退。

20歳の時、大学入試資格検定を経て、愛媛大学法文学部の夜間コースに進学しています。

ところが、大学2年で中退し、上京しています。

東京NSC3期生となり、芸人の道を選択。

小学生時代から、かなり頭が良かったんですね。

スポンサードリンク

髭男爵山田ルイ53世は優秀な学歴で神童と呼ばれていた?でもなぜひきこもりに?

引用:https://kizuki.or.jp/company/column/yamadalouis01_04/

髭男爵山田ルイ53世さんは、小学生時代から勉強ができ、とても優秀だったようです。

超難関の私立中学、六甲中学へ合格し、子ども時代から神童と言われていた様子。

六甲中学での成績も良く、サッカー部でレギュラー。

学校生活を楽しんでいたようです。

友達も多く、成績についても問題なし。

髭男爵山田ルイ53世さんの著書、「ヒキコモリ漂流記」の表紙に、神童の運命はウンコで変わった!? と書かれています。

毎朝2時間かけて通学し、駅から学校へ行く登校途中、もらしてしまった、ということです。

校庭で衣類を洗い、教室へ行ったようですが、衣類が乾いていくうちに臭いがするようになってしまいました。

周囲から指摘されることはなかったようですが、早退したということです。

私も小学生の時に同じような経験がありますね…。

まぁ私も場合は周囲から指摘され、保健室で代えのパンツを貸していただきましたが(笑)

私の話はさておき(笑)、髭男爵山田ルイ53世さんはキズナグループのインタビューの中で、中学時代の友達は裕福な家庭の子が多く、格差と劣等感を感じていたと明かしています。

ただ、「友達がいない」という状況ではなかったんです。サッカー部でレギュラーだったし、成績も多少よかったし。クラスで孤立してるとか一人ぼっちだということもなかったんです。ですが、ちょっとしたこと、例えばその日持っているお金の額とか、「あ、みんな普通にハンバーガーショップとか行くんや」みたいな部分が気になることはありました。

もちろんそれは「クソー!」みたいなことではないんですけど、劣等感や、気がひけるというか、そういう部分はもしかしたら澱のように心にちょっとずつたまって行って、ある日「ひきこもり」という大きなことにつながった一因になっているのかもしれませんね。

引用:https://kizuki.or.jp/company/column/yamadalouis01_01/

上記のように髭男爵山田ルイ53世さんは、自分自身を周りの子供達と比較してしまい、劣等感がちょっとずつたまっていったのかもしれない、と話しています。

超難関進学校へ入学し、優秀な生徒の多い学校の中での成績も良かった髭男爵山田ルイ53世さん。

かなり優秀な分、繊細な面も強かったのかもしれませんね。

スポンサードリンク

髭男爵山田ルイ53世の学歴が影響?文才もすごい!一発屋芸人列伝が話題に!

引用:https://ddnavi.com/interview/464047/a/

髭男爵山田ルイ53世さんは、「一発屋芸人列伝」を出版後、「第24回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞 を受賞し、話題になっています。

2015年にヒキコモリ漂流記を出版。

その後、一発屋芸人列伝、中年男ルネッサンス、一発屋芸人の不本意な日常を出版しています。

レギュラー番組は、髭ジョッキー、モノクラ〜ベ

ラジオ番組2本、と芸能活動も行っています。

受験対策の塾で猛勉強、という環境ではない中、超難関私立中学へ入学し、難関中学の優秀な生徒が多い学校での成績も良いことから、地頭がかなり良い方だと思います。

学力が優れている、というだけでなく、IQもかなり高いのではないでしょうか?

観察眼があり、感受性が強く、表現力のある方のように感じます。

執筆活動で成功しているのは、山田ルイ53世さんの実力や経験が大きいのでしょうね。

スポンサードリンク

髭男爵山田ルイ53世の学歴がすごい!ヒキコモリからの…!まとめ

引用:https://kizuki.or.jp/company/column/yamadalouis01_01/

いかがでしたか?

今回、「髭男爵山田ルイ53世の学歴がすごい!ヒキコモリからの…!」についてお話させて頂きました。

髭男爵山田ルイ53世さんは、神童と呼ばれており、偏差値73の超難関私立六甲中学校へ進学。

しかし中学2年からひきこもり生活を送っていました。

20歳までひきこもり生活を送り、その後、大学入試資格検定を経て、愛媛大学法文学部の夜間コースに進学しますが、2年で中退。

上京し、芸人の道へ進みます。

一発屋芸人でブレイクしましたが、現在は文才が評価され、芸能活動を行いつつ、作家としても活躍しているようです。

芸人として知名度は上がりましたが、現在の表情の方が穏やかで、親しみやすい雰囲気を持っていますね。

山田ルイ53世さんの次回作も楽しみです!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

アイキャッチ画像の引用:https://ddnavi.com/interview/464047/a/

スポンサードリンク