『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるの!?

スポンサードリンク

おっくん!

『ながら運転』ではアイコスも罰則になるのでしょうか?

2019年12月1日から道路交通法の改正により、『ながら運転』の罰則が強化されました。

私も普段営業の仕事で車を使用していますので、『ながら運転』をしないよう気を付けているところです(罰則が強化される前に一度、携帯電話保持で捕まっていますので余計に…汗)

今回気になったのは、『ながら運転』では運転中のアイコス使用も罰則の対象になるのかどうか

携帯電話の使用・保持に関してのニュースはよく報道されているのですが、運転中のアイコスや電子たばこの使用に関してはどうなのでしょうか?

おっくん!

という事で今回は、

『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるの!?

についてお話させていただきたいと思います。

『ながら運転』の罰則強化についておさらい

『ながら運転』ではアイコスも罰則になるのかお話する前に、今回改正された罰則についてでまとめましたので、おさらいしていきましょう。

携帯電話使用等(保持)

運転中に、スマホや携帯電話を手に持った状態で通話したり、スマホやカーナビの画面を注視する事で「携帯電話使用等(保持)」として罰せられます。

携帯電話使用等(交通の危険)

運転中の通話や画面注視が原因で、交通事故や交通事故の危険を犯してしまった場合、「携帯電話使用等(交通の危険)」として罰せられます。

改正道路交通法の条文(令和元年12月1日施工)

12月1日から施工された法案では、下記の条文が公表されています。

難しく書いていますが、要は「緊急時以外で運転中に携帯電話を使用したら罰しますよ」という事ですね。

今回の交通法の改正で、『ながら運転』に対する罰則がかなり厳しくなったのは表を見ても分かりますよね。

おっくん!

2018年は『ながら運転』が原因で、2790件の交通事故があったようですね。

過去5年で『ながら運転』が原因とされる事故率1..4倍に増えているみたいですよ!

では、次からは本題のアイコスや電子タバコの使用は『ながら運転』の罰則対象なのか?についてお話していきます。

スポンサードリンク

『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるのか?

『ながら運転』ではアイコスや電子タバコの使用も罰則の対象になるのか否か…。

答えはです。

正確に言えば、「今のところは否」というところでしょうか。

今回の交通法の改正は、運転中のスマホ使用による事故急増した事によって行わました。

アイコスや電子タバコは、スマホや携帯電話ほど一点を見つめる事は少ないので、今のところ『ながら運転』の対象には入っていないようです。

ただ、今後アイコス電子タバコ原因事故が起こった場合は、今回のスマホや携帯電話のように規制が厳しくなってくるのではないかと、個人的に思っています。

おっくん!

運転中の飲食なども、もしかしたら規制の対象になってくるかもしれませんね^^;

スポンサードリンク

『ながら運転』のアイコス使用。世間の人はどう思ってる?

『ながら運転』の対象にアイコスや電子タバコは含まれていない事は分かりました。

この事について、世間のみなさんはどう思われているのでしょうか?

世間のみなさんの声を集めてみましたのでご覧下さい!

世間のみなさんは『ながら運転』の罰則対象に、たばこやアイコス、電子タバコも含めるべきだという声が多く見られましたね。

おっくん!

もしアイコスや電子タバコも罰則の対象になれば、世のサラリーマンは息抜きできる場所が限られてしまうかもしれませんね^^;
スポンサードリンク

『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるの!?まとめ

いかがでしたか?

今回、『ながら運転』アイコスも罰則の対象になるの!?についてお話させていただきました。

『ながら運転』ではアイコスや電子タバコは、罰則の対象には入っていませんでした。

しかし、今後アイコスや電子タバコが原因で交通事故が起こった場合、罰則の対象になってくるのではないかと私は思っています。

今回の『ながら運転』の交通法改正によって、事故が減少していく事を心から願っていますし、私も『ながら運転』で捕まらないよう、注意したいと思います(汗)

最後までお読み頂きありがとうございました!

スマホホルダーは取り付け位置によって違反になるの!?
スポンサードリンク