高橋一生は昔と顔が違う?涙袋やほうれい線が原因!?

ドラマや映画で大活躍している高橋一生さん。

子役時代から活躍し、演技力に定評があります。

2017年のドラマ「カルテット」で大ブレイクし、主演を務めることも多いですが、昔から多数のドラマや映画に出演し、活躍していました。

長年芸能界で活躍している高橋一生さんですが、昔と顔が違う?という噂もあるようです。

今回は、高橋一生は昔と顔が違う?涙袋やほうれい線が原因!?について紹介させていただきます。

スポンサードリンク

高橋一生は昔と顔が違う?鼻が原因?

引用:https://mainichikirei.jp/

子役時代から芸能界で活躍している高橋一生さん。

2017年に大ブレイクし、主演を務めることも多いですが、昔からドラマや映画に出演し、活躍していました。

ところが、昔と顔が違う、という声が上がっているようです。

昔の画像をチェックしてみたのですが、顔が違う、というほどの大きな変化は感じません。

年齢による変化はあるのですが、顔が違う、と言われる理由の1つは鼻だと思います。

高橋一生さんは、粉瘤という病気にかかってしまい、手術しています。

手術をしたのは2009年と言われているようです。

引用:http://beauty15.com/

そのため、手術跡が鼻に残っているのです。鼻の右上に傷跡がありますね。

高橋一生さんの病名は粉瘤。良性の腫瘍ということですが、痛みが強く出ることもあるようです。

粉瘤とは?

良性の皮膚腫瘍の一種。毛穴の一部が内側にめくれてしまい、角質や皮脂がたまり徐々に成長していく病気です。腫れて痛みを引き起こすこともあります。

粉瘤の治療は手術のみ。顔に傷跡が残ってしまう可能性がありますが、手術しか治療法がないため、手術したのでしょうね。

手術跡が残っているため、鼻の印象が変わっています。

そのため、顔が変わった、と言われているのだと思います。

高橋一生は小さい頃、金八先生に出演?耳をすませばは何歳の時?
スポンサードリンク

高橋一生の顔が違う?原因は涙袋やほうれい線?

引用:https://thetv.jp/

ドラマや映画で主演を務めることも多い高橋一生さん。

昔と顔が違う、と言われているようです。

高橋一生さんは、2009年、粉瘤という病気にかかってしまい、手術したと言われています。

そのため、鼻に手術跡が残ってしまいました。

顔が変わった、と言われる原因は鼻?と思うのですが、涙袋やほうれい線が気になっている方もいるようです。

高橋一生さんは涙袋も目立ちますね。

引用:https://twitter.com/

優しそうな目元が印象的です。

女性の芸能人で明らかに不自然な涙袋の方はたまにいますが、高橋一生さんの涙袋は昔と変わっていないようにみえます。

引用:https://twitter.com/

2007年に放送されたドラマ「医龍」で外山誠二役を演じていた高橋一生さん。

この時期から涙袋は印象的で、現在も涙袋が目立っています。

涙袋が大きいと優しい印象の目元になりますね。

涙袋に関しては、2007年と比較してもあまり大きな変化は感じません

ほうれい線が原因?

高橋一生さんは、ほうれい線が目立ちます

現在38歳ですので、加齢による面もあると思いますが、大ブレイク前から細身で、体型の変化がありません。

2007年に放送されたドラマ「医龍」の出演時は27歳だったと思いますが、この時期もややほうれい線が目立ちますね。

細身で痩せているため、ほうれい線が目立ってしまうのだと思います。

高橋一生は1日1食

高橋一生さんは料理が好きで、かなりの腕前だと評判。

食事も基本的に自炊しているということです。

2017年11月、情報番組「スッキリ」に出演した際、

「身体の限界というか、エネルギーが切れてしまっている瞬間があって。その瞬間以外で食べるとお腹がモタモタしちゃうので……」

と、1日1食を15年間続けていると明かしています。

2017年時点で15年、ということですので、現在も1日1食生活を続けているのかもしれません。

自宅で筋トレを行い、休日は登山をすることもあるという高橋さん。

あまりに痩せてしまうと、どうしてもほうれい線が目立ってしまいます。

ほうれい線が目立つことにより、昔と変わった、と言われてしまうのかもしれませんね。

高橋一生の兄弟や親の職業は?お金持ちの噂は本当!?
スポンサードリンク

高橋一生は昔と顔が違う?涙袋やほうれい線が原因!?まとめ

引用:https://jisin.jp/entertainment/

爽やかで優しい雰囲気が魅力の高橋一生さん。

2017年に放送されたドラマ「カルテット」で大ブレイクしました。

子役時代から芸能界で活躍しているのですが、昔と顔が違う?と言われているようです。

高橋一生さんの顔で変わった、と感じるのは鼻です。

2009年、粉瘤という病気により、手術を行ったようです。

そのため、鼻の右上部分に手術跡ができてしまいました。

手術跡はやはり目立ってしまうので、顔の印象が変わった、と感じる方が多いのかもしれません。

変わった原因は涙袋やほうれい線、という声もあるようです。

涙袋に関しては、昔から涙袋が目立っており、2007年に出演していたドラマ「医龍」の画像や、現在の画像を比較しても、大きな変化はありません。

涙袋が大きいと、優しい印象の目元になりますね。

ほうれい線は、昔と比べると目立っていますね。

高橋一生さんは昔から細身でしたが、15年以上1日1食生活を続けているということです。

痩せすぎるとどうしてもほうれい線が目立ってしまいます。

現在38歳なので、年齢的にもほうれい線が目立ってくる可能性も高いのですが、痩せていることも原因だと思います。

ダイエット目的ではなく、食べるとお腹がモタモタしちゃうので、と1日1食生活を続けているというストイックさにも驚きですね。

アイキャッチ画像の引用:https://mainichikirei.jp/

スポンサードリンク